7月 無料チケット配布が多いオンクレはここ!

【谷落とし】基本の取り方・コツを動画を使ってやさしく解説します!

‣ 当記事はプロモーションを含む場合があります

取り方解説

この記事では、谷落としの取り方・コツを僕にできるかぎりの最大限で全力解説していくぞ!

 

谷落としは、前後にある斜面を谷に見立て、中心に空いている隙間に景品を落とすクレーンゲームの遊び方の1種

 

すべり止めがついた棒の上を動かしていく橋渡しと違って、場の大半が滑り止めのない斜面となっているのが最大の特徴ですね!

 

ってことは橋渡しみたいに棒に張り付いてまったく動かないとかはないってこと?

うむ。基本的にはそうなっている設定が多いぞ!

 

ただ、ある程度自在に動かせる分、意図しない形で谷にハマってしまうと詰みやすいというデメリットもあるのは知っておく必要がありますね…!

 

取り方含め、その諸々をできるだけわかりやすいよう、僕が実際にプレイしている動画を使って説明しているので、この記事で少しでも疑問解消してもらえたら嬉しいです!

 

お知らせ

この記事で谷落としの取り方解説に使っている画像・動画は、すべてクラウドキャッチャー」「アラクレという2つのオンクレでプレイしたものです!

見たら一目瞭然かと思いますが、両方とも谷落としの設定が非常に優しいオンクレになっていますので、この記事の取り方を参考にぜひプレイしてみてください!

無料チケット8枚+150CP即ゲット可能!

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

ANTEPOST Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

無料チケット5枚即ゲット可能!

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

株式会社ワイドレジャー無料posted withアプリーチ

 

ではでは早速解説に入っていきましょう!

 

7月 アツいオンクレ特集

 

\クラウドキャッチャーが愛される理由はこれ!
無料チケット10枚で早速遊ぶ!/

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

ANTEPOST Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

\オタクレならではの特徴はまだまだある!
インストール無料!早速遊ぶ!/

オタクレ (おたくれ) オンラインクレーンゲーム・オンクレ

オタクレ (おたくれ) オンラインクレーンゲーム・オンクレ

GENDA.Inc無料posted withアプリーチ

\DMMオンクレの魅力はまだまだたくさん!/
500PtもらってDMMオンクレで早速遊ぶ!/

DMMオンクレ

DMMオンクレ

DMM ONKURE, K.K.無料posted withアプリーチ

★お得★ ブラウザ版はコチラから

谷落としで使える4種の取り方を徹底解説!【動画あり】

谷落としで使える取り方は主にこの4パターンです!

 

これだけ知っていればほぼほぼの景品に対応できると思うぞ!

 

大事なことなので最初に書きますが、4種の取り方すべてに共通して言えるのがこれです!

 

谷落としは谷に落とす以外の選択肢がない!

 

橋渡しだったらアームの戻り位置的に、場外や本来落とすべき橋の間以外に落とすことも可能なパターンが多々あるんですけどね!

 

谷落としでは谷以外に景品を落とせる隙間が存在しないため、どの取り方を使うにしても結局最後は谷に落とすしか選択肢がありません!

 

それを踏まえた上で、谷に落とすにはどうするか!

 

谷にハマらないように意識して動かす!

 

ですね!

優しいお店ではこの形からでも取れるけど、景品の形状次第で真横向きに谷にハマるといわゆる”詰んだ”状態になっちゃうよ…。

 

景品が落ちる分以上の谷幅がしっかり取ってある場合、6面ある箱の1面が谷の縁を通り抜ければ、物理的に箱は下に落ちます!

 

そこを意識して以下の取り方解説を見ていただけたら、「何故こんな動かし方をしている?」という疑問なく読み進められるはずです!

 

じゃ、実際に具体的な取り方解説を行っていきます!

 

斜面上で真横向きにしてすべり落とす!

文字どおり、斜面の上で景品を真横向きにして谷底にすべり落とす取り方です!

 

取っている箱はこんな形!

比較的縦長い箱です!

 

最初から文字でウダウダ書いても分かりづらいので、一旦説明は置いておいておき、まずは獲得時の動画からご覧いただきましょう!

 

この取り方を使う際のコツは、まずは「谷に斜めにハマった状態を作る」!

このくらいの角度が理想的!

谷の間で真横にしないのが重要だぞ!

 

そして、「左アームだけに任せず、両方のツメを使って景品を動かす」の2点を意識することですね!

右アームも景品に届くくらいで狙う!

↓↓

よく見ると右アームも貢献しています!

 

前述のように、結局最後は谷に箱を落とす以外に取る方法がないので、どうすれば谷にハマらず真横を向いてくれるかを意識しなければなりません!

 

そして谷にハマらないようにするためには、谷の上よりも斜面側で真横にして持ち上げて谷にすべり落とす必要があります!

持ち上げる瞬間のスローです!

 

上の動画の実例でいくと、【4~5秒目あたり】で右アームのツメが最後に手前(動画では左側)にひと押しして完全に真横を向いているのが分かるかと思います!

 

左アームだけに頼ってしまった場合、仮に景品が真横を向いても手前(動画では左側)に引っ張り上げる力が足りないため、右アームのこのほんの少しの押しは超重要です!

だから右アームも使おうという話だ!

 

ちなみに右アームを使わずに左アームだけで手前(動画では左)に引っ張り上げようとすると、持ち上げる力が足りず、少し前にお見せしたこの形にだいたいなります…↓↓

 

【【必読】取れない谷落としはこんな台!】のところで詳しく後述していますが、谷落としの天敵は意図せず真横向きになってしまったときなので、くれぐれもご注意を

 

片側に景品を乗せて押して取る!

ふたつめは、景品を前後どちらか片方の斜面に完全に乗せてしまって押して谷底に落としてしまう取り方です!

 

こちらもまずは動画からいきましょう!

 

上の動画では斜め横向きに乗っかっている形ですが、縦向きだろうと横向きだろうと完全に片側の斜面から離れてさえしまえば押して取れる可能性が出てきます!

縦向きに乗ったケース!

 

この取り方の場合、問題は最後の一手の狙い方ではなく、「どうやって片側の斜面に景品を乗せてしまうか」ですね!

 

細長い景品で実例を出すと、「アームの戻る力を利用したずり上げ」で片側に乗せてしまうのがもっとも簡単ではあります!

 

ずり上げに関する詳細解説はコチラを!
クレーンゲーム|橋渡しで斜めにハマった景品を「ズリ上げ」で取る方法・注意点をやさしく解説!
...

 

なお、この方法は景品の重心がどちら側かに極端に寄っている場合、思うように片方の斜面に乗せるのが難しい可能性があります…!

 

これは例えばの話ですが、上で出したこの画像です!

ずり上げて、右側の斜面に乗せてしまうという解説をしましたよね!

 

さて、この場合は景品の左側と右側のどちらが重いほうが右側の斜面に乗っかりやすいと思いますか?

 

右側?

正解だ!左が極端に重いと、ずり上げてもまたこの状態に戻ってくる可能性が高くなるぞ!

 

というように、景品の重心次第で何度頑張っても無理なときは無理な取り方になるので、無理だと思ったらあっさり諦めて横向きに倒し、違う取り方で挑むのがおすすめですよ!

 

片側の坂をずり上げて取る!

みっつめの取り方もまずは獲得時のプレイ動画からご覧いただきましょう!

 

今度は箱の形状がちょっと違いますね!

 

ん???

どうしたかね?

さっきは「意図せず真横向きにしたらダメ」みたいなこと書いてなかった?

そうだな!だが、この場合は意図的に真横向けているので問題なしだ!

 

そう!

比較的平たい箱のこの場合は、意図的に真横向き”にしているので無問題です!

 

この取り方に関してはひとつめのほど細かな注意点はなく、1番下に落ちている角より奥を狙い、手前側に持ち上げて谷底にすべり落としているだけですね!

 

横から見た狙っている位置はこんな感じです!

1番下に落ちている角より奥を狙うのが超大事!

 

その際、アームの頭が景品の斜面で奥にずり下がってくれたらなお良し!

理由は、ふたつめの取り方解説の際に使ったこの画像の部分と同じです!

 

アームが手前に戻る力が加わることで、さらに手前にずり上げてくれる量が伸ばせるということですね!

 

スローにしていますが、アームが景品から離れる直前に手前にズズっと動いているのがお分かりいただけるかと思います!

これは、アームの頭が景品の斜面を滑り落ちた分、手前に戻ってきていることで発生しているひと押しです!

 

このように奥にアームがずり下がった場合はチャンスだ!仮に1回で取れなくても、手前に少しでも持ち上がるようなら何度か繰り返すことでドンドン奥側の引っかかりは浅くなっていくぞ!

 

谷の上で真横を向けて一気に落とす! ※やや高難度

取っている箱の形はひとつめ・ふたつめと同じですね!

というか、同じ台だな!

 

“やや高難度”というのはひとまず置いておき、この取り方もまずは獲得時の動画・画像からいこうと思います!

今回は違った2パターンを用意しました!

パターン①

 

パターン②

 

狙っている位置は違いますが、どちらもやっていることは谷の上で景品を真横向けて落としているですね!

 

そしてどちらにも共通して言えるのが、重心を見極め、軽いほうを狙っているという部分です!

 

さっきからたびたび出てきてるけど、「重心」って何?

 

という方がいらっしゃったら下の記事をご覧ください!

重心問題は谷落としでも超大事です!
クレーンゲームで超大事な「重心」について初心者向けに熱く語ろうと思う。
...

 

詳しくは上の記事で解説していますが、クレーンゲームの景品は重たい部分が中心になく、箱のどこかに偏っていることが大半です!

そして今回の場合は、”手前が重い・奥は軽い”という情報をこの形に持っていくまでの過程で得られていたからこそ実現できている取り方になります!

 

パターン①の動画のほうでいくと、真上から見た図で書いたらこんなイメージです↓↓

 

奥の斜面から完全に離れてしまえば、景品はもうバランスを保っていられなくなり、結果もう谷底に落ちていくしかないという感じですね!

 

パターン②のほうも理屈としては同じことです!

 

でも狙ってる場所が全然違うようね?

そうだな!正直どちらを使ってもいいんだが、それぞれの良し悪しについても触れておこう!

 

パターン②のほうを上から見た図で表すとこんな感じです↓↓

 

①と②の狙い方で大きく違うのはここですね!

  • ①は片アームで完結させている!(超ギリギリ狙いが吉)
  • ②は両アーム使っている!(そこまで寄せすぎなくてOK)

 

どちらも1プレイで大きく景品を動かすためにやっているわけですが、①はあえて斜面にツメを接地させることで閉じる際の反動が大きくなり、景品に伝わる力も大きくなるのをあえて狙っています!

対して、②は左アームで右向きにしつつ、右アームのツメに乗せて、右向きにするのを補助してもらっている感じです!

 

「重心問題」「やや高度な狙い方」どちらも把握していないと通用しない取り方になるのでやや高難度と書きましたが、この辺の理屈が分かっているといろんなところで役に立ちます!

谷落とし以外でも使える場面は多々あるから、覚えておいて損はないと思うよ!

 

最大のコツは「どこが重いかすばやく見極める」です!

どの取り方にも共通して言える谷落とし最大のコツは、「箱のどこが重いかをいかにすばやく見極めて狙う場所を決められるか!です!

 

ここまであえて触れずにきたんですが、きっと今こう思っている方がいるはず…。

 

最終的な取り方は分かったけどさ、どうやってその形まで持っていけばいいのよ?

 

と。

 

実際に記事を書いている僕自身も、そこに一切触れずに最後の一手だけ紹介していくのは違和感マックスでしたので、確実に思っている方はいるかと(笑)

 

ただ、触れてこなかったのにはちゃんと理由があります

そして、その理由がコツに直結しているからなんです!

 

さて、ここからがコツの本題ですが、最終的にどの取り方を使うにしろ、まずは初期位置から取りやすい形にまで動かしていく必要がありますよね?

 

この際少し大げさに言いますが…

 

正直、初期位置から「こう狙うのがおすすめ!」とかが谷落としにはないんだ!

 

というのも、ここでどれだけ解説しようとも、結局は狙っている景品の重心がどこにあるかによって全然動き方が変わってきてしまうからです!

 

さらに谷落としは景品が乗っているのが「斜面」×「滑り止めもない」という場の性質上、橋渡しなど他のクレーンゲームよりその傾向がより顕著に表れてしまいます。

一旦重心の話は置いておきますが、9秒目あたりにめちゃめちゃ左に横すべりしていますよね!

 

これこそ斜面がツルツルのため起きうることで、すべり止めが巻いてある橋が主の橋渡しではこんなことはほぼ起きません。

それに加え、重心が景品によってバラバラときたら…

 

そら、「こう狙えばこう動くよ!」と軽はずみには言えないよな!

 

ただ、どこをどう狙うにしてもその結果から得られる情報はあるんです!

例えばですが、”どこが重いか”何の事前情報もなく、とりあえずこんな狙い方をしたとします!

 

結果は動画でお見せします↓↓

見え方は様々かもしれませんが、僕には左側の上部が重いかも?と写りました!(当然これだけでは確証は持ててないですが…)

 

ただ、仮説を立てることはできるので、次の1プレイでは軽いと仮説を立てた軽い部分(手前の左)を狙ってみます!

ビンゴだったか?

 

真相は分かりませんが、左手前が重い場合はこの狙い方でこんな動きはおそらくしないので、まぁおおよそ当たっていたはずです(笑)

 

こうなれば、あとは取り方のみっつめで紹介した【片側の坂をずり上げて取る】と同じ方法でゲットです!

 

というように、どこを狙うにしても初期位置からの1プレイの動きで「どこが重そう?」というのをしっかり見ておき、次の1プレイを考えることこそが最大のコツです!

そして次の1プレイは軽いと予測した部分を狙い、仮説があっていれば大きく景品を動かせて無駄なプレイ回数はかなり減らせますからね!

 

もし1プレイ目の狙い方で全然動かなかったりしたらどうするの?

もし仮に1プレイ目にこの狙い方をして全然動かなかった場合、「狙った場所が重かった?」と仮説を立てて対角を狙ってみたりしていくのだ!

 

人がプレイしているのを見てからプレイすれば、事前情報を得られて無駄なプレイ回数は減らせるんですけどね…!

見られるシーンはオンクレ以外ではなかなかないので、そういった点で見ても今回動画でお見せしているアラクレなんかでプレイする利点はあるかと思います!

無料チケット5枚が即ゲットできます!

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

株式会社ワイドレジャー無料posted withアプリーチ

 

「景品の形」で取り方を選ぶのも大事!

勘が鋭い方は取り方解説の時点で気付かれているかもしれませんが、谷落としを最短で攻略するためには、景品の形で取り方を変えるも重要です!

 

谷落としの場合、橋渡しと違って設置されている景品の箱の形状はほぼほぼこの2種類となっています!

縦長いタイプの一例

GLITTER&GLAMOURSシリーズ(上画像のもの) / グランディスタシリーズ / Trio-Try-iT Figureシリーズ etc…

 

比較的平たいタイプの一例

KING OF ARTISTシリーズ(画像のもの) / グランドラインメンシリーズ / その他類似する箱形状のシリーズ

 

僕はゲーセンで働いたこととかはないので真実は知りませんが、おそらく正方形に近い形や極端に細長い箱なんかは谷落としには向かないんだと思います!

そう思っても仕方ないレベルで見かけないからな!

 

現に取り方解説でお見せしているダミー箱2種類のどちらもも、上で実例として画像でお見せしている箱を完全に模している形ですしね!

 

っで本題に戻りますが、この2タイプの箱の形はそれぞれに向いている取り方があります!

もちろん重心の偏りなどによってイレギュラーは稀にあるんですが、基本的には以下の取り方を選択していくと上手くことが運ぶケースが比較的多いです!

 

縦長い景品はすべり落とすのがおすすめ!

縦長い箱は、【斜面上で真横向きにしてすべり落とす】、そして【谷の上で真横を向けて一気に落とす】でお見せした取り方が上手くいくケースが多めです!

 

逆に天敵なのは、完全に真横を向いた状態で谷にハマってしまうこの状態ですね…!

 

良心的な設定のお店であれば、真横向きに谷にハマっても斜面をずり上げたり一番下に沈んでいる角を持ち上げたりすることで取れることはあります!

 

しかし、谷の幅がかなり狭かったり斜面が急すぎたりする激渋店だと、もう完全に詰みの状態になってどこをどう狙ってもまったく変化が起きません…。

数回狙っても何も変化がなかったら、諦めて初期位置からやり直したほうが早いことが多いぞ!

 

比較的薄めの景品はずり上げて取るが吉!

比較的薄くて1番大きな面が広い景品は、【片側の斜面をずり上げて取る】でお見せしている取り方が上手くいく可能性が高いです!

 

逆に天敵となるのは、縦向きに谷にハマってしまったこの状態↓↓

 

縦向きは角度的に1番下に落ちている角より奥を狙ってずり上げるのが難しいので、横向きにしてしまったほうが結果的に手数少なる取れる可能性は高いかと思います!

 

谷落としで1撃ゲット狙いは非推奨!

谷落としは比較的アームパワー自体は強めに設定してあることが多い上、ツメもわりと真横を向いているケースが多いです!

そのことから、一発ゲット狙い(バランスキャッチ)をしたくもなります!

 

ただですね…

 

仮に持ち上がったとて、1撃で取れることなどほぼないと言っておこう!

 

「谷落としは持ち上げて1撃!」みたいな動画がたまにあったりしますけど、そんな優しいゲーセンは令和の時代にはほぼありません!笑

 

むしろ持ち上げようとして失敗すると、下の画像のように斜面に立ってしまうことが大半です…

こうなってしまっては無駄に数プレイ消費してしまうだけので、僕は谷落としでのバランスキャッチはあまりおすすめしません

 

それより、数プレイかかることは当たり前と割り切って、片アームを寄せて動きを加えたほうが結果的に早く取れる可能性は高いかと思いますよ!

 

【必読】取れない谷落としはこんな台!

最後に、取れない(正確には取りずらい)可能性が高い谷落としを紹介して終わりたいと思います!

 

他の取り方解説記事でもこれは何度も書いているんですが、クレーンゲームは上手い人ほどムキにならないです!

  • 詰んだと思ったら無理せず初期位置からやり直す!
  • 取れないと思ったらもうプレイしない!

 

この2つの徹底は本当に大事ですよ!

無理しないだけで結果的に無駄な投資は大幅に減らせるからな!

 

意図しない完全な横ハマり状態からの復帰ができない台

もう何度か画像を出していますが、狙っていないタイミングで完全な真横状態で谷にハマったこの形は、お店によっては詰みです…!

上のように狙ったり、1番下に落ちている角を持ち上げたりしても全然ハマっている角度に変化がない場合、もう諦めて初期位置に戻してもらったほうが経験上は早く取れることが多いかと思います!

 

なお、一応名誉のために書いておきますが、今回プレイ動画・画像を使わせてもらっている「クラウドキャッチャー」では谷幅が広いですし、この状態からでもちゃんと取れますよ!

 

斜面に完全に乗っかって落ちてこないとき

これに関しては台の設定が辛いからというより、狙い方を失敗して意図せずこうなってしまうケースが大半ですね…!

 

画像のように完全に斜面に乗っかってしまうと、パッと見めちゃめちゃチャンスに見えて、実際はもう取る術がほぼない詰みの状態の可能性が高いです。

 

箱の下にツメが入る隙間がないので、もうできることと言えば「押してみる」くらいのもの!

それで動かないような、無理せず諦めて初期位置からやり直すが吉だぞ!

 

景品の重心が偏りすぎてどう狙っても全然思うように動かない台

これに関しては実例を出すのが難しいので書くかも悩みましたが…

たまーに意味の分からない重心やアームパワー調整のせいで、どこを狙っても全然思うように動かない谷落としを設置しているク〇店があります(笑)

 

もう100円たりともくれてやるか!

 

と思って、そんな店にはもう近づかないのが無難です!

 

谷落としはオンクレで取るのがおすすめ!

長々と書いてきましたが、もっとも重要なことだけあらためて書いておきますと、谷落としは重心情報をいち早く掴むことでより手数少なく取れる遊び方です!

 

その点から見ても、他者がプレイしているのを見てから挑戦できるオンクレで取るのがもっとも理想的なんじゃないかと僕は思っています!

 

繰り返しにはなりますが、今回この記事の取り方解説で画像・動画を使わせてもらってたのは「アラクレ」「クラウドキャッチャー」2つのオンクレです!

見ていただいてわかるように、どちらのオンクレも谷落としは非常に優しい設定で運用してくれている優良サービス

 

最後に少しだけ紹介して終わりたいと思います!

 

アラクレの谷落とし

取り方解説の中では、【片側の斜面をずり上げて取る】で紹介した台がアラクレの谷落としですね!

 

「横向きにする」⇒「ずり上げる」という、シンプルかつ比較的簡単な取り方が通用する数少ないオンクレで、僕も高頻度でアラクレの谷落としにはお世話になっています!

とにかく真横向きに谷にハマると大チャンスだな!

 

コツのところでもお見せしたように、ノーミスでいければ初期位置から3プレイとかでも全然取れちゃいますので、お試しでもらえる無料チケットでも全然取れる可能性ありですよ!

 

録で即5枚の無料チケットもらえます!

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

オンラインクレーンゲーム「アラクレ」

株式会社ワイドレジャー無料posted withアプリーチ

【評判・評価】アラクレは取れないオンクレ?世間の口コミと10の採点項目から暴いていく!
オンラインクレーンゲーム「アラクレ」に対する世間の評判をまとめました!そして、全社プレイ済みでオンクレ通を自称する僕が、10項目で他社と徹底比較した結果の独自採点も行っています!遊ぶオンクレ選びの参考に使ってもらえればうれしいです!

 

クラウドキャッチャーの谷落とし

今回アラクレで紹介した取り方以外は、すべてクラウドキャッチャーでのプレイ動画・画像を使って解説させてもらいました!

 

理由はですね、

 

シンプルにかなり優しい設定になっているから!

 

もうこれに尽きますね!

 

この手の取り方系記事を作る際、解説に使いたい動画・スクショを用意するためだけに1万円とか課金してプレイすることも全然珍しくはないんですが…

今回はなんと2,000円と元々持っていた数百ポイントで済みました(笑)

そのくらいサクサク取れちゃうのだよ!

 

紹介している3種どの取り方で挑んでも比較的楽に取れることが多いと思いますが、僕も常日頃実践しているコツとしては、まずはあえて1番難しい【真横向けて一気に落とす】で狙う!

 

難しい分、上手くいくと1番早く取れる可能性は高いよ!

 

取れなかったら【片側の斜面に景品を乗せて押す】もしくは【斜面上で真横向きにしてすべり落とす】に狙いを切り替えて再チャレンジ!

みたいな方法でいくと安く済む確率が僕の場合は高いです!

 

無料チケット8枚+150CP即ゲット可能!

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」で景品ゲット

ANTEPOST Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

【評判・評価】クラウドキャッチャーの口コミは業界最高峰!なぜ高評価が多いのかを探っていく!
オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」への世間の評判をまとめました!オンクレ界で長年最高クラスの高評価を維持し続けている理由はどこにあるのか?10項目で他社と比較評価し、徹底的に探っています!遊ぶオンクレ選びの参考にしてもらえたら幸いです!

 

ではでは、長くなりましたが今回は以上です!

 

タイトルとURLをコピーしました